http://www.tetsunorekishimura.or.jp

フォーラム

鉄の歴史村フォーラム2018「鍛冶 革新は連鎖する」のご案内

 拝啓 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。平素は弊財団の活動につきまして格別のご支援・ご協力を賜り、厚くお礼申し上げます。

 さて、弊財団では毎年開催しております鉄の歴史村フォーラムを、今年度は12月9日(日)「鍛冶 革新は連鎖する」というテーマで開催いたします。

 日本の伝統的製鉄技術・たたら製鉄によって生み出された鉄を変幻自在に操り、優れた道具を生み出す・鍛冶。たたらと鍛冶は護り続けるべきものを護り、捨て去るべきものを捨て、その時代に適応した技術を組み入れ続けた「革新の連鎖」によって、今日継承されています。

 ところで、雲南市吉田町は旧吉田村時代、昭和61年「鉄の歴史村」を宣言しました。昭和63年には出雲和鋼の基礎研究施設、またその応用生産開発と「伝統と先端技術の基礎に立つ」たたら師の養成施設として、現在の和鋼研究開発施設が建設されました。

 建設とたたら操業から30年。今だからこそ、改めてその存在意義を考えてみたいと思います。

 そこで、今年度はシリーズ「たたら製鉄の新地平」の第2章として、日本の伝統的製鉄加工技術である鍛冶の技術革新に焦点をあて、その二重性と構造化を探ります。

 皆さまお誘いあわせのご来場をお待ち申し上げます。

敬具

期日 : 平成30年12月9日(日) 13:30~16:30

場所 : 雲南市吉田町 吉田健康福祉センター

主催 : 公益財団法人鉄の歴史村地域振興事業団

共催 : 雲南市

後援 : 雲南市教育委員会、鉄の道文化圏推進協議会 

定員 : 100名

参加費 : 無料

日程 : 13:30 開会のあいさつ

           基礎レクチャー「日本の鍛冶技術」永田和宏氏

     13:50 講演「たたらの精華 "日本刀のはなし"

               ~砂鉄から刀まで~」 

           東京藝術大学名誉教授 北田正弘氏

     14:30 講演「鍛冶屋の生存戦略」 

           北海道武蔵女子短期大学 齋藤貴之氏

        15:10 休憩

     15:25 jubilee jubilee ミニライブ                            

     15:40 ディスカッション「革新は連鎖する」

           【パネラー】 東京藝術大学名誉教授 

                   北田正弘氏

                  北海道武蔵女子短期大学 

                   齋藤貴之氏

                   jubilee jubilee

                  公益財団法人

                  鉄の歴史村地域振興事業団 峠理恵氏

           【司会】     東京工業大学名誉教授 永田和宏氏

      16:30  閉会 

       

 

                          

 

更新日:

Copyright© 公益財団法人 鉄の歴史村地域振興事業団 , 2018 AllRights Reserved.