http://www.tetsunorekishimura.or.jp

フォーラム

鉄の歴史村フォーラム2017「なぜ今、たたら製鉄か」のご案内

  拝啓 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。平素は弊財団の活動につきまして格別のご支援・ご協力を賜り、厚くお礼申し上げます。

 さて、弊財団では毎年開催しております鉄の歴史村フォーラムを、今年度は12月3日(日)「なぜ今、たたら製鉄か」というテーマで開催いたします。

 昨年から今年にかけて、雲南市では日本遺産「出雲國たたら風土記~鉄づくり千年が生んだ物語~」の認定に始まり、映画公開やトワイライトエクスプレス「瑞風」の田部家・菅谷たたら山内への立ち寄り決定など、たたら製鉄を取り囲むニュースで賑わっています。

 出雲地方におけるたたら製鉄は微粉の砂鉄から鉄を作ります。この技法は世界に類がなく、不純物がきわめて少ない鉄を製錬することができる技術です。この伝統的技法に、新しい発想や先端の科学技術と融合させることはどこまで可能なのでしょうか。

 また、たたら製鉄の歴史は日本における工業の歴史そのものとも言い換えることができます。日本のものづくりが大きな転換期を迎えている今、産業遺産としてのたたら製鉄ではなく、新しいたたら製鉄のかたちを模索しなければなりません。

 そこで今年度は、シリーズ「たたら製鉄の新地平」の序章として、希有の技術としてのたたら製鉄に焦点をあて、金属工学と雑誌編集者の知見からその魅力に迫ります。そして、後半のディスカッションでは金属工学と雑誌編集者の知見のみならず、さまざまな見地から、これからの時代に望まれた新しいたたら製鉄を象ろうと思います。

 皆さまお誘いあわせのご来場をお待ち申し上げます。              

                                                敬具

期日 : 平成29年12月3日(日) 13:30~16:00

場所 : 島根県雲南市 吉田健康福祉センター

講師 : 東京工業大学名誉教授 永田和宏氏
モノ・マガジン常務取締役 坪井一雄氏

主催 : 公益財団法人鉄の歴史村地域振興事業団
共催 : 雲南市、雲南市教育委員会     後援 : 鉄の道文化圏推進協議会

定員 : 100名

参加費 : 無料

タイムスケジュール :

13:30 開会のあいさつ

13:40 講演「現代によみがえるたたら製鉄」 永田和宏氏

14:30 講演「モノが好き!鉄が好き!mono的たたらの魅力」 坪井一雄氏

15:05 LiLica*ミニライブ

15:20 ディスカッション「だから、たたらはおもしろい」

【パネラー】        

東京工業大学名誉教授 永田和宏氏

モノ・マガジン常務取締役   坪井一雄氏

雲南市国際交流員     ダニエル・ブロドリック氏

キャスター・エレクトーン奏者     LiLica*氏

公益財団法人鉄の歴史村地域振興事業団事務局長(財団理事) 峠理恵氏

【司会】 山陰中央新報論説委員長 高尾雅裕氏

16:00   閉会

  

 

更新日:

Copyright© 公益財団法人 鉄の歴史村地域振興事業団 , 2018 AllRights Reserved.