7月14日 なになに?TATARA研究会のご案内

「いいね!TATARA部」とは、平成30年度事業「雲南たたらナイト」のネクストステージ事業で、「こんなことできたらいいな」とファーストステージ事業において浮かんだアイデアを形にしていく集まりです。

7月14日(日曜日)13:00より、雲南市掛合まめなかセンターで「なになに?TATARA研究会」をおこないます。

内容は次の通りです。

稲村 秀介(広島県庄原市教育委員会)「砂鉄以前の製鉄って?」

小池浩一郎(島根大学名誉教授)「たたらの炭は、何の樹を使うのか」

鳥谷 智文(松江高専教授、弊財団理事)「吉田村五人組規約・同村矯風規約にみえる人々の暮らし」

ディスカッション「みんなで地域の博物館を作ろう!」

 

研究会の参加は無料です。

さらに!参加者は200円で当日温泉に入っていただくことができます!

温泉の方からメッセージも頂戴しております。

「ここの温泉は(成分)濃度の濃い温泉で、源泉かけ流しです。毎日湯も入れ替えております。」

タオルをご持参され、ぜひご参加ください。

 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる